太郎焼について

太郎焼

創業以来、変わらぬ味を守っている太郎焼。頑なに守っているその甘味は多くの支持があってのものです。

体が疲れた時に、糖分を含んだ物を食べますと回復に良いようですので、その事も求められてきた理由になっているのかもしれません。

また、昔から「あずき」には解毒作用の効果が有ると言われ、「あずき」を常食すると体内の毒素が排出しやすくなると言われております。

太郎焼・カスタード

太郎焼よりも3割甘味を控えた新太郎焼、あんことは違った美味しさのカスタードクリームも人気です。

太郎焼ってなに?

いわゆる「今川焼」「たいこ焼」といったところでしょうか。

当店はすべて「オートメーション」で焼いています。
ひとつの機械に40枚の板があり1周すれば焼き上がりです。

自家製のあんことミックス粉で独自の太郎焼になっています。

太郎焼の名前の由来

現社長が親しみやすく覚えやすいようにと名前をつけました。

太郎焼本舗の餡子

当店の2階が製餡場になっています。
小豆は北海道産のみを使用。餡子の原材料は北海小豆、砂糖、水あめのみです。

製餡場
北海道産小豆

賞味期限

当店のあんこは保存剤などを使用しておりませんので、原則として賞味期限は当日となっています。しかし、「太郎焼」は糖度があるため、保存状態さえよければ翌日までもちます。

冷凍保存もできますので数日おかれる場合は着いたら冷凍しておいてください。

「新太郎焼」「カスタードクリーム」は当日のみです。

店主が勧める冷たくなった太郎焼の美味しい召し上がり方

電子レンジ
  • ラップに1個づつくるみ、電子レンジで1個につき1分の割りで加熱してください。
    お好みで電子レンジで加熱したあと、オーブンで焼くと表面がカリカリになります。
  • 蒸し器に水を入れ数量により5分から10分蒸してください。
  • から揚げの要領でサラダ油で揚げてください。
↑